飲み会の行動から見る好意を寄せる相手への男性心理

スポンサーリンク

女性と比べると感情が表に出にくい男性は、行動や態度、何気ない仕草から推しはかる必要があります。
男性の場合、好意を寄せている相手に対し、直視する傾向があるため、目がよく合う時は相手を意識しています。
これは無意識の中にある狩猟本能が起こす行動でもあるため、気がつくと目が追っているという表現が近いです。
あまりにも目が合うと不快ですが、チラチラと見る、時折意識して視線が合う場合は、好意を寄せている可能性が高いです。
この時の男性心理は、相手が自分を意識するよう仕向け、気持ちが伝わるようアピールしているため、積極的な行動が見られます。
また男性心理が特に分かりやすいのが、飲み会時の行動であり、何気ない動作の中にヒントが隠れています。
飲み会は好きな席に座れるため、好意を寄せてる相手ときっかけを掴みたいという男性心理が働きます。
そのため最初から傍にいたり、段々と近づいてくる行動は、相手の視界に入りたいという男性心理です。

スポンサーリンク

飲み会の最中、常に話しかけられたり、体ごと向いていたり、視線が合う場合は、告白される可能性があります。
飲み会はお酒も入るため、気持ちも大きくなりがち、その力も後押しとなり、告白するきっかけが掴めると男性心理が働きます。
最初は相手にその気がなくても、飲み会でグイグイと押されると、最後には告白を受け入れます。
好意を寄せる相手に対しては、積極的にアピールするのが男性心理なので、良いイメージで捉えられるからです。
また男性心理としては、好きな相手には何度も会いたいもの、そのため飲み会に行くたびに出会う機会が増えます。
何度も飲み会の誘いがある、顔なじみが毎回出席している場合は、気になる存在となります。
同じ時間を共有する事で、共通の話題も持てるため、相手も意識するようになります。
他にもボディタッチが多い、好意的な笑顔を向ける回数が多いと感じたら、好意を寄せている可能性があります。
ボディタッチに見られる行動は、相手ともっと親密になりたい事を意味しています。
好意的な笑顔を向ける行動は、壁を無くして、もっと親しくなろうという意味があります。

スポンサーリンク